抽象水

​国内唯一のウォーターベッドブランド WATER WORLD

日本でたった一つしか存在しない寝心地

一日の終わりは、浮力に抱かれて眠る

寝返りしやすいベッドが良いベッド?

寝返りをしやすくすることが「余分な寝返り」を招いているのではないでしょうか。

適度な寝返りは必要ですが「余分な寝返りを排除する」ようなベッドがより良いベッドだとウォーターワールドは考えています。

​ウォーターベッドで "浮かんで寝る" ことで、睡眠の大敵「余分な寝返り」を抑え、「熟睡感」を体験しましょう。

New-4img.jpg

水の浮力を利用した、ただ一つのベッド

立位の姿勢のような寝姿勢

人の体と水の比重はほぼ同じ。

ウォーターベッドに寝そべることはプールで浮き身をしている状態に近いのです。

そして体の力が抜けたとき、人の骨格は一番自然な立っているようなポーズになります。

これが理想の寝姿勢と言われる「立位のような寝姿勢」です。

羊水に守られた赤ちゃん

ウォーターベッドにはヒーターで水を温める機能があります。水は「温めにくく、冷めにくい」といった比熱が大きい物質のため、外気温の急激な変化から、ほとんど影響を受けません。

これはお母さんのお腹の中で、羊水が胎児を急激な温度変化から守ることとよく似ています。

またハードサイドタイプのウォーターベッドなら、夏にはヒンヤリした寝心地も得られます。

WATER BED

- History -

世界で最初のウォーターベッド

最初に水の上で眠ったのは、飲料水を入れたヤギの革袋の上に眠ったアラブの砂漠の民だとい われています。このアイデアに科学的な視点で注目し、その効果を評価したのは、1873年(約140年前)、イギリスの病院でした。当時のウォーターベッドは、木枠の中に水を入れた袋を詰めたもので温度調節も揺れ防止対策もなされていませんでした。

しかし、その効果は高く評価され、近代的なウォータベッドの開発のスタートラインとなりました。その後ウェルネスへの関心の高まりを背景に、主としてアメリカで改良が行われ、今日の完成度の高いウォーターベッドが誕生したわけです。

歴史¥1873年イギリスの病院_修正.jpg

​現代のウォーターベッドの原型が誕生

アメリカでのウォーターベッドの歴史は、1950年代後半~1970年代初頭、サンフランシスコのベイエリアで学生たちの手によって、始まりました。ここでの彼らの研究が、その後 "NASA" 、 "パソコン産業" 、 "ウォーターベッド" へとそれぞれ進化していったのです。

その中で"ウォーターベッド"は当時の"ヒッピー"たちによる"ガレージセール"で世に広がってゆきました。1978年~1990年にかけてアメリカウォーターベッド業界は黄金期を迎えました。当時、約4人に1人がウォーターベッドを購入しました。

歴史¥ウィッシュソニック2028側面.jpg

WATER WORLDの歴史

1978年 ドリームベッド株式会社がウォーターベッドを日本に初導入

1986年 一般家庭向けのウォーターベッドを本格的に販売開始

1986年 ウォーターベッドを取り扱う卸メーカー・直輸入業者等が18社にまで膨らむ

1996年 日本のベッドマーケットでウォーターベッドブームがまきおこる

2002年 WATER WORLD正規ディーラー店ショップ1号店がOPEN

2015年 WATER WORLD正規ディーラー認定店が50店まで広がる

現在、WATER WORLDが、日本で唯一のウォーターベッドブランドとなりました。これまで販売を続けてこられた理由は、激しい販売競争の中で品質にこだわり続け、特許庁認可のサービスマークを取得し、「ウォーターベッドのアフターケア体制」を完備したことが挙げられます。

歴史¥ショップ1号店.jpg

Technology in the water

- 水の中に隠された優れたテクノロジー -

キーワード1 「浮かぶコト」

ウォーターベッドは他の寝具にはない特徴を持ちます。それは、身体を支えるための反発力に「パスカルの原理」を利用していることです。

キーワード2 「波動を制御するコト」

ウォーターマットレス内部にあるのは水だけではありません。水の動き(波動)を止めるため、ファイバー状の緩衝材が水の中に沈めてあります。

技術01.jpg
スクリーンショット 2021-06-15 170307.jpg

キーワード3 「支えるコト」

パスカルの原理で均一に支えるだけでは、寝姿勢までコントロールすることは困難です。「ランバーサポートシステム」というウォーターベッドテクノロジーの進化がウォーターベッドをより完璧なものに近づけました。

キーワード4 「包みこむコト」

​ウォーターベッドはひたすら体圧の分散を追い求めてきました。その進化の中で生まれたのがLS技術です。技術進化の中、体圧分散向上の為にはウォーターマットレス表面に現れる軽微な張力さえ「邪魔」だったのです。その張力を消化させるためマットレス表面積を拡張させました。

WATER WORLDのベッドはインテルナかわはた全店で取り扱っております。

※写真の掲載は川越店、和光店のみとなっています

​川越店

川越売り場2.JPG

和光店

和光売り場.JPG

​公式ホームページ

WaterWorld.png