トップへ戻る

創業大正12年伝統のある家具屋だからこそできるお客様へのご提案があります。高品質な家具を知り尽くした専門スタッフが、お客様がお探しの家具をご提案いたします

当店の特徴

埼玉県内で最大級の品揃え

空間を広く取ったゆとりのある店内に、県内最大級の品揃えで人気商品を展示しております。

ベッドフロア
ソファフロア
ダイニングフロア
タンスフロア
食器棚フロア

※画像は左右にスライドできます

高品質の家具がお値打ちに

材質、見た目、実用性など、こだわりたい部分というものはみなさま違います。 お客さまのこだわりを、弊社の専門スタッフにお聞かせください。長年の家具の知識から予算にあわせてお客様のご要望に合った最高の家具をご提案いたします。

購入後のアフターフォローも私たちにお任せください

当店でご購入いただいた後も何か困ったことなどがあればご連絡ください。まずはお客様の元までお伺いして、お話をお伺いしております。 弊社では、お客様にご購入いただいた後、快適に家具を使っていただき喜んでいただくためには、購入いただいた後のアフターフォローが大切だと考えているためです。

お客様インタビュー

お客様からいただいた声

「他のお店も見たんだけど、こんなに家に合うテーブルなかったわ!良かったからまたお願いします」
Tさん
「前回の買い物時の商品説明~配送~設置の際の説明どれも大満足で、そのあとの電話、ハガキも親切なので買うなら、かわはたさん、H店長と思って」
Hさん
「3年前の物なのにちゃんと対応して頂いてありがとう。何かあったら、必ず伺います」
Sさん
「先日来店した時に店長さんのガスハッチベッドの説明がよく、他の店では納得した説明が無いし他のフレーム を勧めるばかりで…」
Tさん
「家具を探す時は何店舗も見るけど、ココとは相性がいいから必ず見る事にしてるの。今日も来て良かったわ」
Iさん

新着情報

店舗地図

  • 店舗までの無料お迎えサービスを始めました。
    全店にて無料送迎実施中
  • お年寄りや脚のご不自由なお客様、交通手段のないお客様等「お店に行きたいけど手段がない」とお困りの方のための無料送迎サービスです。ご購入されなくても下見だけでもお気軽にお電話にてご相談ください。

    対象地域

    弊社配送エリア内にお住まいの方とさせていただきます。

    お問い合わせ先

    川越店 TEL:049-277-6911

    坂戸店 TEL:049-284-8121

    和光店 TEL:048-466-4544

    所沢店 TEL:042-993-7876

お問い合わせ

店内紹介

ベッドフロア

ベッドフロア
ベッドフロア
ベッドフロア
ベッドフロア
ベッドフロア
ベッドフロア

※画像は左右にスライドできます

ソファフロア

ソファフロア
ソファフロア
ソファフロア
ソファフロア
ソファフロア

※画像は左右にスライドできます

ダイニングフロア

ダイニングフロア
ダイニングフロア
ダイニングフロア
ダイニングフロア
ダイニングフロア
ダイニングフロア

※画像は左右にスライドできます

タンスフロア

タンスフロア
タンスフロア

※画像は左右にスライドできます

食器棚フロア

食器棚フロア
食器棚フロア

※画像は左右にスライドできます

取り扱い商品のご案内

飛騨の家具

飛騨の家具
飛騨の家具の歴史

1920年(大正9年)のある日、飛騨高山の町に2人の旅人がやって来て、西洋の曲げ木家具の技術をつたえました。
その話に心を動かされた高山町の有志たちは、「飛騨の匠」で知られる伝統技術と、山々に密生したブナ原生林を資源に、株を出資しあって西洋家具メーカーを創業しようと決意したのです。

当時としては画期的なベンチャー・ビジネスの誕生でした。椅子など見たこともなかった職人たちは、永年の経験と木の知識に支えられながら試行錯誤をくりかえし、工夫を加えて、2年後には、やはり地場の伝統技である春慶塗の施された椅子を、 自信をもって世に送りだすことができるようになりました。
以来、日本の家具文化を育むとともに、アメリカへの輸出を生産の中心に据えることで、欧米文化につちかわれてきました。
戦後は優れたデザインと品質で評判を集め、数々のロングセラーを生みだして、日本人の暮らしに定着していきました。 そして、未利用資源の導入や廃材の利用など、新しい試みと創造力は、今も創業の精神を引き継ぎながら、さらに日本の風土と文化に根ざした家具を産みだそうとしています。

木を生かす曲げ木技術

飛騨地区に曲げ木の技術が導入されて以来「飛騨の家具」と言えば「曲げ木」と言われるまでに飛騨は「曲げ木」の本場となっています。 当社も更に高度な曲げ木技術を取得する為に1999年に「圧縮曲げ木技術」を導入し今では3次元曲げ木も可能となっています。 木目が通った自然な風合いを残しながらも、木そのものが持つ強度を十分に活かす。

イバタの家具は「木を識り、木を生かす」をモットーに日々曲げ木の技術向上に努めています。

イバタ独自のこだわり構造

イバタの家具では負荷のかかる重要な接合部には屈強な「ホゾ構造」を使用。
一般的な量産家具で使用される「ダボ構造」と適材適所で織り交ぜて使用し、長年愛着を持ってお使いいただける家具を目指し、作り続けています。

そんなイバタでは、「繰り返し強度試験」において独自基準の8000回を採用。 安心して永くお使いいただくためのこだわりです。

カリモク

カリモク
お客様に心から満足していただける椅子ってなんだろう?

椅子選びの基準はさまざまです。
機能、価格、耐久性、デザイン、そしてもちろん座り心地。椅子は寝具と並び、人生の大半を共にする大切なパートナー。そこで、椅子の果たすべき役割、求められる要素についてもう一度考えてみました。

その結果、たどり着いたキーワードが“健康”。カリモクは、機能性や耐久性など従来の要素に加えて、『プラス健康』を提案します。

快適に座れる椅子は、からだにやさしい。
椅子について考えることは = からだについて考えることでした

座っていると腰が痛かったりしませんか?
『座る』は『立つ』より疲れる!?

立っていると疲れるから座る、でも座っていると腰が痛くなってしまう。 楽なはずの姿勢でからだに支障をきたしてしまうのは、どうしてなのでしょう? 人間にとってもっとも心地よいのは、無理をしていない状態。 心もからだもリラックスして、あるがままの姿でいること。 椅子がくつろぐための道具であるとするならば、人間本来の姿=自然体という要素を中心に据えなければ、座り心地のいい椅子は誕生しえないのです。 カリモクが『座り心地のいい椅子』についてさらなる研究をしてみようと考えた理由は、実はこんなシンプルな疑問がきっかけでした。 これまで何万脚もの椅子の開発・製作に携わってきたわたしたちは、いわば椅子づくりのプロ。この疑問に答えを出すことはわたしたちの責任であるととらえました。 そこでまず取り組んだのが、『人間のからだを知ること』でした。「座ると骨格はどうなる?」「血流は?」「酸素の消費量は?」「心拍数は?」あらゆる角度からアプローチした結果、到達した答えが、『人間のからだは立ち姿勢こそが自然な姿勢である』ということでした。言い換えれば、『座ることは不自然なことである』ということです。

日本人は欧米人より腰痛になりやすい!?

研究を進めるうえで重要視したもうひとつのポイントが、日本人と欧米人との違い。 椅子というものはもともと欧米人が作った道具です。欧米文化のもと、欧米人のために作られた道具を、そっくりそのままの形で日本人が使うことには無理があるのかもしれません。なぜなら、欧米人と日本人では体格に大きな違いがあるから。 例えば骨格。骨の数はどちらも同じですが、大きさは違います。背骨と背骨のクッションの役割を果たしている椎間板も同様で、数は同じでも欧米人の方が大きいのです。実はここに大きな問題が・・・。 人間は長時間無理な姿勢で座っていると椎間板に負担がかかり、ひどくなると椎間板ヘルニアなどのトラブルを引き起こします。もともと椎間板が大きい欧米人に比べ、椎間板の小さい日本人は少しの負担でもダメージを受けやすいのです。 ということは、日本人こそ椅子にこだわり、自分たちのからだに合ったものを厳しく吟味する必要があるのではないでしょうか。 脚の長いスラリとした椅子は確かにスタイリッシュではあるけれど、日本人が心地よく座るための椅子の形が必ずあるはず。

時には背のびもいいけれど、そろそろ自然にかえろう。

座ることが不自然なことなのであれば、限りなく自然に近づけよう。欧米スタイルの椅子が合わないのなら、ジャパニーズスタイルの椅子をつくろう。 目指すべきところは『からだへの負担が限りなく小さく、自然体でいられる椅子をつくること』。これこそがカリモクの掲げるセオリーです。

岩谷堂箪笥

岩谷堂箪笥
意匠

岩谷堂箪笥の意匠は永い年月を経て多くの職人たちの手によって研究・開発されてきました。江戸時代後期の岩谷堂箪笥を現在の岩谷堂箪笥のデザインと比較すると質素な印象を受けます。

岩谷堂箪笥の種類は、三尺、三.五尺の整理箪笥を基本としていますが現在では、洋服・衣裳・整理箪笥の三点セット、茶箪笥、書棚、小箪笥、座卓など多くの箪笥が生産されています。

珍しい箪笥としては、階段にも利用されたという上面が段々になった階段箪笥。船に積み込んで金庫の代わりを果たしたという頑丈な舟箪笥。火事などの非常時に移動しやすいように車がついている車箪笥(車付箪笥)などその種類は多く、見るだけでも興味のそそられる箪笥があります。

塗り

岩谷堂箪笥の漆塗りには代表的なものに、拭き漆塗りと木地蝋塗りの2種類があります。
拭き漆塗りも透明の木地蝋塗りも、どちらも多くの手間がかかります。この漆塗りの工程が岩谷堂箪笥の欅の木目の美しさをいつまでも保つのです。

何年も経て次第に欅も木目が見えてきます。まさに漆がさえてくるのです。時を経るほど、独特の風合いが醸し出されるのも、本物の漆塗りならではの味わいといえます。 またこの他に、朱塗り、黒蝋色塗り等有色の塗りもあります。

金具

岩谷堂箪笥の大きな特徴の一つは飾り金具にあります。この金具には「手打彫り」のものと、南部鉄器金具のものと2種類あります。

一棹の箪笥に60~100個ほどの金具が飾られますが、鮮やかに浮き彫りされた絵模様は堅牢さはもちろん、岩谷堂箪笥としての格調を高めています。
絵模様の種類には、龍、花鳥、虎に竹、唐草、松竹、桐、ボタン等があり、最近は、お客様の家紋等、ニーズに応えたデザインを開発しております。

材料
木材

岩谷堂箪笥に使われる木材は、主に欅、桐、栗、杉などです。なかでも、最も岩谷堂箪笥を特徴づけているものが欅です。欅には木理(杢目)の重厚さがあります。岩谷堂箪笥には強い材質(粘り強い性質)を誇る欅が使用されています。岩手県内では北上山系に良質の欅が多く、このことが岩谷堂箪笥のデザインの基本になったと思われます。 一方、箪笥の内部には桐の無垢材が使われています。岩手県の花が桐に指定されているように岩手県は南部桐と呼ばれる桐の産地でもあります。桐の美しい肌理(木目)は箪笥の高級感を増すだけでなく、狂いがなく火に強い桐の特性は、衣類を長い間大切に守る箪笥に最適です。

漆(うるし)

「漆」は漆の木に傷をつけて樹液を集めたものです。 岩谷堂箪笥に使われる漆は、主に生漆、精製生漆、クロメ漆、木地呂漆などです。岩手県は国内有数の生漆の産地であったことから、重厚な漆塗装の技術が継承されたと思われます。 これらの数種類の漆を、下塗り、中塗り、上塗りなど各工程に合わせて使用しています。

金具

岩谷堂箪笥に使われる金具は、「手打彫り」のものと「南部鉄器」のものがあります。さらに「手打彫り」には鉄製と銅製があります。 「手打彫り」に使用される地金の厚さは0.8mm以上で、引手、蝶番、錠、鍵等すべて手作りで作られます。

サータベッド

サータベッド
サータ社の歴史

サータ社の歴史は1931年、より快適な眠りと、健康の追求というコンセプトとともに始まりました。 世界ではじめて、本格的なマットレスの供給に取り組んだ1人の男は、その品質を証明するために、220ポンド(約100kg)の巨体で、スプリングマットレスの上を数時間も飛び跳ねたといいます。 “最高の技術、最高のサイエンスは、全てカバーの下に隠れている。真の保証は、どんな場合でも型くずれしない、という人々の評判から生まれてくるのだ。” 彼のこの言葉は、現在全米をリードするマットレスメーカー「サータ社」のサクセスストーリーの原点と言われているものです。 マットレスに必要な硬さと、人体に感じるソフト感といった相反する2つの要素をたくみにまとめあげた“ソフトタッチの硬いマットレス”を作り出し、いまやサータ社はアメリカ、イギリス、フランスや日本等、世界27カ国にて60社近いライセンス契約を結んでいます。 あらゆる人に快適な睡眠を提供するために細心の注意を払っているホテルで使用されるマットレスは、パーフェクトな寝心地が要求されます。 そして、サータ社がこだわり続けるマットレスは、一流ホテルをはじめ数多くのホテルに採用され、ホテルベットシェア全米No.1の実績を誇ります。 この実績は、寝心地の良さと製品の優秀さを物語っています。

カウンティングシープとは?

寝る前に「羊が1匹、羊が2匹・・・」と数え、何匹目で寝れるか? などと昔から言われており、羊にとっては毎晩あちこちで非常に忙しい日々を送っていました。 しかし、サータマットレスの寝心地が認められ、次第にサータマットレスを購入する人が増えてくるにつれて羊の仕事(出番)が減り、サータマットレスに対してねたみを持ち始めて来ました。 が、羊の中には、サータマットレスの寝心地が気に入るやつも出てきたり・・・ と、それだけサータマットレスの寝心地が素晴らしいという事です。

全米ホテルシェアNo.1のワケ

Serta(サータ)のホテルベッドが、なぜアメリカのホテル業界で最も多く採用になっているのか、またそのトップシェアを長年維持し続けているのか・・・その理由にはいくつかあります。寝心地??耐久性??見掛け??・・・従来からベッドに必要と思われたいくつかの要素に加え、最近大切であると見直されてきた重要な要素があります。それは「安全性」です。 現在日本の火災件数は毎年6万件を数え、犠牲者の数も2,000人を超えています。防炎協会の住宅火災の実態(平成15年中)によると、「寝具」が着火物別死者数では157人と最も多く、カーテンやじゅうたんの様に法規制されている防炎製品と異なり、寝具類は自主規制されているのが現状なのです。 「ファイヤーブロッカー仕様」マットレスは、2005年1月に防火基準を施行した米国カリフォルニア州の試験に合格したもので(全米規模でも2007年より施行)、通常仕様のインナー(内層)と炎を食い止める働きをするアウター(外層)があり、アウターは炎を防御・抑制するために「ファイアブロッカー」をキルトした層です。日本でも寝室火災に対する安全性への関心が高まり、マットレス購入の選択基準として、「ファイヤーブロッカー仕様」を装備したマットレスに対するニーズが高まると思われます。 特に、多くのお客様の命を預かる役割を担うホテル等の宿泊施設では、防災上、「ファイアーブロッカー」は今後は必需仕様です。

会社概要

創業大正12年、今に受け継がれる品質第一のこころ。
『家具専門店 インテルナかわはた』は大正12年に家具職人川畑儀一により桐箪笥の製造メーカーとして創業され、2代目の川畑公男も桐箪笥職人として技術を習得した後、洋家具の製造、そして家具の卸問屋、そして家具の小売りへと業態を変化させ、今年創業90周年を迎えます。

多くのお客様に支えられ、現在埼玉県に4店舗(川越店・坂戸店・和光店・所沢店)を展開しております。

さらに詳しくはこちら

桐箪笥の製造により創業した『かわはた』にとって、家具専門店としての『家具への思い』が違います。
『長年にわたって暮らしを共にする家具』だからこそ、真に『お客様のこころ』を癒し、満足して頂ける家具をお客様と一緒に数多くの家具より探し、選ぶことが使命であり、役割と考えています。

そのために最も大切にしているのがお客様とのコミュニケーション。
お客様のご要望をしっかりとお聞かせいただき、充分に理解し、その上でプロフェッショナルな立場より細かなアドバイスをさせていただく。 家具、調度品からカーテン・カーペットにいたるまで、あらゆる生活空間を演出するご提案。そこには桐箪笥の製造から創業し、家具を充分に知り尽くした『かわはた』ならではの強みが発揮され、 多くのお客様より厚い信頼をいただいております。

一人ひとりのお客様に
インテルナかわはたで購入する事の『信頼感』
インテルナかわはたで購入した事の『満足感』
インテルナかわはたで購入した事の『安心感』を感じていただける様、社員一同日々努力を致します。

×閉じる

スタッフイメージ
社名
川畑 株式会社
創業
昭和28年4月
資本金
1,000万円
事業内容
家具・インテリアの販売
代表者
川畑 俊之
所在地
埼玉県川越市大仙波635番地1
店舗網
川越店坂戸店和光店所沢店・配送センター
TEL
049-277-6911

店舗地図

  • 店舗までの無料お迎えサービスを始めました。
    全店にて無料送迎実施中
  • お年寄りや脚のご不自由なお客様、交通手段のないお客様等「お店に行きたいけど手段がない」とお困りの方のための無料送迎サービスです。ご購入されなくても下見だけでもお気軽にお電話にてご相談ください。

    対象地域

    弊社配送エリア内にお住まいの方とさせていただきます。

    お問い合わせ先

    川越店 TEL:049-277-6911

    坂戸店 TEL:049-284-8121

    和光店 TEL:048-466-4544

    所沢店 TEL:042-993-7876

お問い合わせ

サービス・サポート

よくあるご質問

Q1. 実際に商品を見てみたいのですが?
A. 展示してある商品は各店舗の規模などにより異なります。ご希望の商品の展示があるかどうかは各店までお問い合わせください。
お急ぎの場合はお電話でのお問い合わせをおすすめいたします。
Q2. 新築したのですが、カーテンサイズの採寸に来ていただけますか?
A. 無料での採寸サービスを行っております。詳しくは販売員にお問い合わせください。
Q3. カーテンのサイズオーダーは可能ですか?
A. 可能です。幅・長さともに1cm単位でご指定いただけます。
Q4. 椅子を使う時に床に傷をつけてしまわないか心配です。扉ズレ家具の配送はしてもらえますか?
A. 床傷防止のフェルトが便利です。またダイニング用の毛足の短いラグを敷くのもオススメです。いずれも店舗でお取り扱いしておりますのでお申し付けください。
Q5. 棚の扉がきれいに閉まりません。どうしたらよいでしょうか?
A. 棚は長く使用していると蝶番が少しずつ狂ってきて扉が傾いてきます。ほとんどの食器棚はプラスドライバーを使って調整することが出来ます。調整方法は商品付属の説明書等をご確認ください。
Q6. 配送はしてもらえますか?
A. 弊社配送可能エリア内であれば配送可能です。配送可能エリアにつきましては売場スタッフにご確認ください。
Q7. 家具配送時にこれまで使っていて不要になった家具は引き取ってもらえますか?
A. 有料で引き取り可能です。金額についてはお引き取りする家具によって異なりますので販売員までお問い合わせください。引取りのみのサービスはございませんのでご了承ください。
Q8. 配送料金はいくらですか?
A. 弊社指定エリアへのお届けは1件配送料金1,000円を頂戴しております(一部エリアを除く)。一部エリアにつきましては売場スタッフにご確認ください。
Q9. 配送の際、室内の希望の場所まで運んでもらえますか?
A. 大型家具(ソファ・ダイニング・ベッド・たんす等)につきましては、搬入・設置・梱包資材の持ち帰りまで行うフルサービス配送を行っています。
お客様組立商品や雑貨・小物類・ファブリック類等、小型商品の配送ご希望の場合は玄関先でのお受け渡しとなります。開梱サービスはございませんのでご了承ください。
Q10. 配送日は指定できますか?
A. はい、指定できます。
Q11. 配送日の変更は可能ですか?
A. 可能ですが、おおよそ1〜2週間先までの配送スケジュールは埋まってしまっている場合がございます。

アフターメンテナンス

アフター保証、メンテナンスについて

ダイニングセットやソファー、ベットなど一般家具には1,2,5,10年間の保証期間がございます。 お買い上げ日、お届け日に保証書を発行いたします。(一部対象外もあります) 大事に保証書は保管をお願いします。 又メンテナンスについては各種プラン(税別)をご用意させて頂いております。

食堂椅子の座面張替え

【プラン1】面なし張替え ウレタン別途 :7,800円+生地1メーター:5,000円=12,800円
【プラン2】面あり張替え ウレタン別途 :9,800円+生地1メーター:5,000円=14,800円

食堂椅子の背面張替え

【プラン1】面なし張替え ウレタン別途 :7,800円+生地1メーター:5,000円=12,800円
【プラン2】面あり張替え ウレタン別途 :9,800円+生地1メーター:5,000円=14,800円

ウレタン交換

5,000円

面板(座板)交換

5,000円

ソファーの張替え

  • 一人掛けソファー(100cm未満)
    布張り :60,000円/革張り 100,000円
  • ニ人掛けソファー(160cm 未満)
    布張り :80,000円/革張り 120,000円
  • 三人掛けソファー(200cm未満)
    布張り :100,000円/革張り 140,000円
  • *布地(革)のランクによって価格が異なります。なお部分張替えは別途見積もりさせて頂きます。
  • *ウレタン等は別途見積もり。
  • *上記価格は過去の平均ですのですべて現状商品を確認、見積もりとさせて頂きます。

その他

桐タンスの削り直し、段通カーペットのクリーニング等、メンテナンスも各種ご用意しておりますので最寄の店舗までご確認をお願いします。

店舗地図

  • 店舗までの無料お迎えサービスを始めました。
    全店にて無料送迎実施中
  • お年寄りや脚のご不自由なお客様、交通手段のないお客様等「お店に行きたいけど手段がない」とお困りの方のための無料送迎サービスです。ご購入されなくても下見だけでもお気軽にお電話にてご相談ください。

    対象地域

    弊社配送エリア内にお住まいの方とさせていただきます。

    お問い合わせ先

    川越店 TEL:049-277-6911

    坂戸店 TEL:049-284-8121

    和光店 TEL:048-466-4544

    所沢店 TEL:042-993-7876

お問い合わせ